アトピーに困っているなら水素水を飲むといい

レディ

かゆみを治すには

水

活性酸素を抑える

アトピーは現代病の一つとして知られています。症状はかゆみが発生することですが、同じかゆみでも蚊に刺されたかゆみとは少し違う広い範囲でのかゆみが身体を襲います。これを抑えるためには、ステロイドなどの薬を利用する必要があります。ただ、ステロイドは副作用の心配もありますし、何より一時的にかゆみを抑えるだけで、根本的な解決にはならないのです。アトピーは体質ですので、根本的には体質を改善しないと問題が解決しません。体質改善をするためには、かゆみのメカニズムを知る必要があります。アトピーでかゆみが起こる原因は、ホコリや乾燥、汗をかくことで皮膚に刺激を与えます。この時に炎症を起こし、活性酸素を発生します。活性酸素は適量であれば問題ありませんが、多量の活性酸素を発生してしまうと皮膚の細胞を刺激してしまい、結果的にかゆみが発生するわけです。裏を返せば、活性酸素が増えるのを抑えることができるならば、アトピーを抑えることが可能です。そこで、注目されているのは水素水になります。なぜ水素水が注目されているかと言えば、水素水には抗酸化作用があるからです。つまり、活性酸素を抑える働きがあるというわけです。ただし、即効性はありません。来週に海に行くので身体を綺麗にするために水素水を使うというのはそれほど効果はありません。体質改善は、一朝一夕に成し得るものではなく、長い時間がかかる可能性があります。長期的に使い続けることに意味があるわけです。